Office365のライセンス付与スクリプト

06.03

Office355を利用する際のライセンス付与ですが、例えばE3を丸ごと使うなどの場合は簡単にライセンス付与できるのですが、E3の中でも一部だけ付与するなどといった運用の場合もあります。

なかなかスクリプトの書き方が見つからず苦労した記憶がありますので是非ご紹介いたします。

削除するサービスなどは自社に合わせて使ってください!

なお、以下はもともとE3ライセンスが付与されているユーザーに追加のサービスを入れる必要があった際に使用したスクリプトになります。

ただし、いったん削除して再度付与してといった動きは不要で、上書きとなりますので新規のライセンス付与とほとんど同じになると思います。

 

Import-Module MsOnline

Connect-MsolService -Credential $Credential

$TargetUser = Import-Csv $env:UserProfile\Desktop\E3UserUPN.csv

$LO = New-MsolLicenseOptions -AccountSkuId 組織名:ENTERPRISEPACK -DisabledPlans “Deskless”,”FLOW_O365_P2″,”POWERAPPS_O365_P2″,”TEAMS1″,”PROJECTWORKMANAGEMENT”,”SWAY”,”INTUNE_O365″,”YAMMER_ENTERPRISE”,”RMS_S_ENTERPRISE”

$TargetUser | % {

$Error.Clear()

$Licenses = $EMS = $null

$Licenses = Get-MsolUser -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName | Select IsLicensed,Licenses,DisplayName

if($Error.Count -eq 0)

{

if($Licenses.Licenses.AccountSkuId -like “*ENTERPRISEPACK*”)

{

Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName -LicenseOptions $LO

$_.UserPrincipalName | Out-File $env:Userprofile\Desktop\success_Licenses.txt -Append

}

if($Licenses.Licenses.AccountSkuId -like “*EMS*”)

{

$EMS += $_.UserPrincipalName

}

if($EMS -eq $null)

{

Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName -AddLicenses “組織名:EMS”

$_.UserPrincipalName | Out-File $env:Userprofile\Desktop\success_Licenses.txt -Append

}

}

else

{

$_.UserPrincipalName | Out-File $env:UserProfile\Desktop\error_Licenses.txt -Append

}

$count = $count + 1

Write-output $count

}

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る