Windows 10の言語設定を変更するサンプル

08.03

 

Windows 10 になってからFUを更新するたびに様々な変更が行われるようになりました。

書いている時点の最新版である1803では言語関係に大きな変更があり、ランゲージパックは Store 経由でダウンロードするようになりました。

しかしおかしなことに、各ユーザーが変更する場合に管理者権限を必要とされる場合があり一般的な企業では言語設定の配布に苦労されているかと思います。

まず、WSUSやSCCMを使用している場合、Features On Demand に分類される言語系のファイルをGPOでインターネットから取得するようにしないとエラーが発生します。

カタログ等では公開されていないため、必ず設定する必要があります。

[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [システム]

ポリシー名 : [オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する]

上記のGPO(LGPOでも大丈夫)を設定しないと、日本語を追加した際に新しい辞書がインストールされませんでした。

これおそらくデザインミスですが、解消するのに苦労しましたので同じ状況の方がいらっしゃいましたらご参考までに。

また、VLのライセンスをお持ちで、言語パックを取得できる環境であれば以下のスクリプトでほぼ日本語化ができました。

ただし、コンパネ→言語の設定 で設定をコピーするにチェックを入れる項目だけコマンドでやる方法が見つからず、すべての設定が終わったら一度ログオンしてチェックだけ入れる必要があります。xmlのインポートでもだめでした。

だれか知っている方がいらっしゃいましたら教えて下さい。ただし、これで上記の管理者権限の問題は解決することができました。

$credential = Get-credential # ドメイン名\Admin-00000000

$adminUser = $credential.GetNetworkCredential().domain + ‘\’ + $credential.GetNetworkCredential().UserName

$adminPassword = $credential.GetNetworkCredential().Password

$TagetURL = “共有フォルダ名\LanguageFeatures_JP”

$itsystem = “C:\置き場所”

$RunOncePath = “registry::\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce”

$AutoLogonPath = “registry::\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon”

$runonce = @”
Set-WinUILanguageOverride ja-JP
Set-WinSystemLocale 1041
Set-WinHomeLocation 0x7A
tzutil /s “Tokyo Standard Time”
Set-ItemProperty -Path “$AutoLogonPath” -Name “AutoAdminLogon” -Value “0”
Remove-ItemProperty -Path “$AutoLogonPath” -Name “DefaultUserName”
Remove-ItemProperty -Path “$AutoLogonPath” -Name “DefaultPassword”
restart-computer
“@

# ランゲージパックのファイル名は落とした時点で変わっているかもしれません。
Set-WinUserLanguageList ja-jp,en-US -Force

Copy-Item $TagetURL $itsystem -Recurse -Force

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-Client-Language-Pack_x64_ja-jp.cab

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Basic-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Fonts-Jpan-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-OCR-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Handwriting-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-TextToSpeech-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab

Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $itsystem\LanguageFeatures_JP\Microsoft-Windows-LanguageFeatures-Speech-ja-jp-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab

$runonce | Out-File -FilePath $itsystem\SetupLang.ps1 -Encoding ascii

Set-ItemProperty -Path $RunOncePath -Name “SetupLang” -Value “powershell.exe -ExecutionPolicy RemoteSigned -file $itsystem\SetupLang.ps1”

Set-ItemProperty -Path $AutoLogonPath -Name “AutoAdminLogon” -Value “1”

Set-ItemProperty -Path $AutoLogonPath -Name “DefaultUserName” -Value $AdminUser

Set-ItemProperty -Path $AutoLogonPath -Name “DefaultPassword” -Value $adminpassword

Remove-item $itsystem\LanguageFeatures_JP -Recurse -Force

restart-computer

再起動後でしか有効にならない設定が多いので、それをRunOnceにいれてWindows 10の機能である自動ログオンを使って設定させています。

その後、自動ログオンの設定を削除するのであとは設定をコピーするにチェックを入れてあげてユーザーにPCを渡せば日本語環境で開けます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る